fbpx

熱中症対策してますか?

こんにちは!
古澤です。

サッカーU-20日本代表がメキシコに完勝しましたね!
この中から来年の東京オリンピック代表に選ばれる選手もいるかもしれないので
注目しています!

さて、本日は熱中症についてです。

ここ数日は毎日30℃前後まで上がり暑い日が続いていますね。
北海道では39.5℃まで上がるなど各地で5月とは思えない気温になっています。

ここで心配なのが熱中症です。
少しづつ気温が上がることで身体は暑さに慣れるようにできていますが、
ここまで一気に気温が上がってしまうといつも以上に熱中症になるリスクは高まってしまいます。

実際に各地で緊急搬送されている方が多くいるようですので皆さんお気を付け下さい。

では、熱中症にならないようにはどのような対策をすれば良いのかをご紹介します。

1、こまめな水分補給

これは当たり前なので誰でも知っていることですが、実際にきちんと実行できている人は意外と少ないのです。
理由は人それぞれですが、年齢が高くなるにつれて多くなる理由が『トイレに行く回数が増えるのが嫌だから』です。

年齢が高くなればなるほど身体の水分量は減ってしまいますので、
必然的に水分は必要になるのですが、上記の理由であまり水分を摂らない方が多いのです。

実際に上記の理由で水分をあまり摂らない方たちに日頃から何を飲んでいるかヒアリングすると
多くの方はお水ではなくお茶やコーヒーを飲んでいるのです。

お茶やコーヒーはカフェインが入っているので利尿作用があり
お水を飲むのに比べてどうしてもトイレに行く回数は増えてしまいます。

お茶やコーヒーを飲むのも良いですが、
熱中症対策のためにお水やノンカフェインのものを飲むように心掛けましょう!

因みに、アルコールにも利尿作用がありますので、
お酒を飲む際はお酒と同量以上のお水を飲むようにしてくださいね!

2、バランスの良い食事

食事も熱中症にならないためには大事な要素です。
健康な身体でいられるようにするためには、やはり日頃から食べているもので決まります。

忙しいからとコンビニ弁当やパン、ラーメンばかりになっている方は気を付けましょう!

1日30品目、350gの野菜を摂れるように心掛けてくださいね!

バランスの良い食事は生活習慣病の予防、改善やダイエットにも効果的ですよ!

3、睡眠

睡眠も重要です!
日本人は特に睡眠の少ない国ですので、
日頃から睡眠不足でお疲れの方も多いかと思います。

できれば1日7時間は寝られるように心掛けましょう!
7時間の睡眠時間が確保できない方は、睡眠の質を上げられるようにしましょう。

入浴は就寝の1~2時間前に、38度~40度くらいのちょっとぬるめのお湯に
15分くらいゆっくりと浸かると良いと言われています。

ブルーライトが体内時計を狂わせてしまいますので、
就寝前は携帯やテレビを見ないようにしてくださいね!

熱中症は死に繋がる可能性のある疾患です。

めまい、痙攣、頭痛、吐き気、全身の倦怠感など
普段と身体の感じと違うなと思ったら無理せずすぐに病院に行きましょう!

Scroll to top