fbpx

坐骨神経痛が楽になるかも?

こんにちは!
古澤です。
錦織選手が全豪オープンの前哨戦であるブリスベン国際で優勝しましたね!
右手首の怪我も良くなっている様なので次の全豪オープンが楽しみです。
さて、本日は坐骨神経についてです。
坐骨神経痛とは坐骨神経が圧迫されることにより痛みが生じるものなのですが、
9割の方は腰椎椎間板ヘルニアの方だそうです。
腰痛がある上に足にも痛みがあるのは辛いですよね。。。
ヘルニアの場合は、整形外科的な処置が必要になりますが、
坐骨神経痛の中でも、梨状筋症候群というお尻の筋肉である梨状筋が影響している場合には
ストレッチをすることによって坐骨神経痛の症状を緩和することは可能です。
理由は、梨状筋は坐骨神経の通り道にある筋肉であるため、
筋緊張が強いと坐骨神経を圧迫してしまうのです。
ですので、
この梨状筋を緩めることができれば足の痛みや痺れがなくなる可能性があります。
梨状筋症候群の場合、以下の様な症状があります。
・座っているときに悪化する傾向にある
・お尻から太ももの裏側、ふくらはぎ、足先にピリピリした様な痛みが出る
・背中を後ろに反らせる時
などです。
この様な症状がある場合には
梨状筋を緩めるストレッチをしてみましょう!
写真の様に椅子に座った状態で足を組みます。
お尻の少し外側が伸びている感じがあればOKです!
伸びが弱い場合には、身体を少し前に傾けると
ストレッチ感が強くなります。
ちなみに慢性腰痛の方にもオススメのストレ
Scroll to top